05<< 2017/06 >>07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-04-03 (Thu)
r66679_622739271076589_836115204_n.jpg

せいか          たてちょうおばな
青花ステンドグラス『 立丁尾花 』


かつて商家だった古民家をギャラリーとして再生した

和風ステンドグラスショップ。

店内には優しい灯りがあふれ、暖簾をくぐれば幻想的な

光に包まれる。

和骨董や李朝家具を用いた趣のあるディスプレイは、

骨董ファンにも人気がある。

築150年になる家屋は、市の伝統的建造物に指定。


r!579232_441286599282242_1341553701_n.jpg

< 作品の特徴 >

西洋の伝統的なステンドグラスの技法 " 絵付・焼付 " を

元に、和や李朝の焼物の手法を取り入れたオリジナル

" 青花ステンドグラス " 。

行燈やパネルのほか、アクセサリー・和装小物・箸置き・

季節飾り等、日々の暮らしを楽しむ四季折々の作品を製作。

常時100点以上のランプを展示。定番絵柄は、うさぎ・

猫・福助さんなど。熟練ステンドグラス職人による繊細な

手仕事は優しさにあふれる。黒漆塗り調の上品な作品など、

他には見られない シックなステンドグラスも楽しめる。

※ 青花とは、焼物でいう染付を言う。


r1800256_589428311134736_454404927_n.jpg
[ おひなさま、絵付の様子 ]

◇ ステンドグラス ラインナップ

・箸置き 600円
・ストラップ、ブローチ 800円〜
・ペンダントトップ 1,000円〜 
・帯留め 1,000〜
・根付け 2,500円
・季節飾り 2,000円 〜
・ランプ 25,000円〜
・パネル  40,000円〜


おひなさまめぐりの次は、「筑後吉井小さな美術館めぐり」。

町中を小さな美術館に見立て、各展示会場が自慢の品々を

お披露目します。立丁尾花の今年のテーマは「うきは装飾

古墳」。どうぞ楽しみにお出掛けください。

( おひなさまも、暫くは展示しております )


1150302_716580975025751_1129134729_n.jpg

◇ うきは装飾古墳シリーズ

全国的にも素晴らしい装飾古墳群が現存する地域、うきは。

その素晴らしい壁画の数々をステンドグラスで現代風に

アレンジしてみました。遊び心あふれる作品はアクセサリー

としても楽しいものばかり♪古代浪漫に想いを馳せながら

お楽しみいただければ幸いです。


・箸置き 600円
・ストラップ、ブローチ 800円〜
・ペンダントトップ 1,000円〜 
※ 前方後円墳型も展開


青花ステンドグラス 立丁尾花

住 所 / 福岡県うきは市吉井町1109−2
電 話 / 0943−76ー4544
時 間 / 10:00〜17:30
定休日 / 火曜日
駐車場 / 1台
    徒歩2分、観光会館「土蔵」に無料駐車場あり。
地 図 / おひなさまめぐり地図 2 番
BLOG / 立丁尾花ステンドグラス歳時記
Facebook / 立丁尾花Facebookページ
Twitter / @立丁尾花
その他 / ステンドグラス教室あり

※ 5/3〜5「筑後吉井の小さな美術館めぐり」
 パンフレット等 ⇒ うきは市HPリンク

- - - - - - - - - ✿ - - - - - - - - - ✿ - - - - - - - - - ✿ - - - - - - - - -

最新情報はTwitterやFacebookで配信しております。
当ブログの画面右側にバナーを貼っておりますので、
ぜひご覧になってみてください。 
✿ 実行委員 中村
* Category : 展示会場紹介
* Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。