01<< 2012/02 >>03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2012-02-29 (Wed)
寒気も少しずつ緩み始め、梅の便りが聞かれるころとなりました。

いよいよ明日から3月。ひなめぐりのイベントも 気分春めく内容

満載です!ぜひ、皆様お誘い合わせのうえご参加ください♪


         ◇◇ 今週末の催し ◇◇


✿ うきはスイーツカフェ

『うきはスイーツめぐり』に参加している和・洋菓子店を一同に
 集め、一日限りの臨時カフェを "白壁通り" に開店いたします。
 カフェでは、"うきは"の豊かな自然環境のなか産み出される絶品
 スイーツをご堪能いただけます。
 スイーツ好きの皆さま、どうかこの機会をお見逃しなく♡

 日時:3月4日(日曜日)11:00〜16:00
 場所:白壁通り臨時店舗
 *詳細は2月24日の記事をご参照ください。


       ◇◇ 3月中 毎週日曜日の催し ◇◇


着物めぐりr

✿あなたも着物でおひなさまめぐり

 情緒あふれる白壁の町並みを着物姿でそぞろ歩き♪
 お好みの着物をお選びいただくだけ。着付けから着物に必要な
 物まで全てご用意いたします。

 時間:10:00〜15:00(最終着付けは14:00 まで)
 場所:居蔵の館
 料金:500円


人力車園児びな-1r

✿人力車による園児びな

 着物姿の可愛い園児たちのお内裏様、お姫様を乗せた2台の
 人力車が吉井町中心部〜白壁通りをパレードいたします。

 時間:1回目 11:00 / 2回目 13:30
 場所:観光会館「土蔵」前より出発


✿人力車乗車会

 吉井町にお越しの記念にいかがですか。乗車時間は約15分です。
 
 時間:11:00〜15:00
 場所:観光会館「土蔵」前
 料金:¥500円 / 人(記念写真付)  
 協力 / 人力車を引く会

今後も楽しいお出掛け情報を発信してまいります。どうぞお楽しみに♪


✿ 実行委員 尾花
* Category : イベント情報
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-24 (Fri)

3月4日 (日)、『うきはスイーツめぐり』に参加している 和・洋菓子店を

一同に集め、一日限りの臨時カフェを "白壁通り" に開店いたします✿

カフェでは、"うきは"の豊かな自然環境のなか産み出される 絶品スイーツ♡ を

ご堪能いただけます。 スイーツ好きの皆さま、どうかこの機会をお見逃しなく♪


うきはスイーツめぐり.2


日時:3月4日(日) 11:00〜16:00

場所:"白壁通り" 特設カフェ(MAP中2番)⇒ MAP

内容:お買い上げいただいたお菓子を特設カフェでお楽しみいただけます。

   お飲物は、抹茶・珈琲・紅茶 各200円。セルフ形式カフェとなります。

   詳細はコチラをご確認ください。 ⇒ 『うきはスイーツカフェ✿』

   スイーツは限定数販売となります。お気に召していただけましたら

   ぜひショップにも足を延ばしてみてくださいね♪


*メニューは当日変更となる場合もございます。あらかじめご了承ください。


[ お問い合わせ先 ]
うきは市観光協会 吉井支局 ☎ 0943-76-3980
   

✿ 実行委員 尾花

* Category : イベント情報
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-17 (Fri)
筑後吉井おひなさまめぐり、開幕より多くの皆様にご来場いただき

誠にありがとうございます。

本日の生中継でも、大変多くのご反響をいただき 嬉しい限りです。

番組内でご紹介いただきました 体験型イベントは、いずれもまだ

予約受付しております。ご検討中の方は ふるってご参加ください!


✿ 番組 TNC「ももち浜ストア」様内 ご紹介 イベント ✿

SANY0178rweb.jpg

[ ひなこけしの絵付け体験 ]

こけし職人指導のもと、卵型こけしにオリジナルのお雛様を絵付けして
いただけます。
*卵型こけしの下の棒と台はついておりません

日時:2月19日(日)10:00〜15:00
場所:観光会館「土蔵」
定員:なし(随時受付)
参加費:800円(材料費・講習料込)


SANY0331r.jpg

[ ゆらゆら雛づくり」

指で押すと左右にゆらゆらするかわいいお雛様を手づくりします。
小学生低学年より作れます。

日時:2月26日(日)10:00〜15:00
場所:観光会館「土蔵」
定員:先着20名(事前申込/2月25日17:00〆切)
参加費:800円(材料費・講習料込)


< お申込み先 > うきは市観光協会 吉井支局 0943−76−3980


この他、まだまだ楽しい企画をご用意しております。追い追いご案内

いたしますので、どうぞご期待ください!

それでは皆様、週末も冷え込みが予想されますので、ご来場の際は

どうか温かくしてお出掛けくださいませ♪


✿ 実行委員 尾花
* Category : イベント情報
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-13 (Mon)
「筑後吉井おひなさまめぐり」は、初開催以来 多くの皆様に

支えられ、おかげさまで20周年を迎えることができました。

このたび 感謝の気持ちを込めまして、ご来場の皆様を対象に

「20周年記念プレゼント企画」を開催しております。

賞品は各展示場の個性あふれる品々、惜しくも当選からもれた

方には、Wチャンス賞として 抽選でペア宿泊券が当たります。

皆様には おひなまめぐりをお楽しみいただきながら、各展示場

の賞品をその場でご応募いただけます

大変豪華な内容となっておりますので、ご来場の際は ふるって

ご応募ください! 多くの皆様のお越しをお待ちしております♪


hinamaturi01r!.jpg

[ 2012筑後吉井おひなさまめぐり /うきは市HP ]


✿ 実行委員 尾花
* Category : イベント情報
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-12 (Sun)
P1060017r.jpg


2月10日 午前10時より「第20回ひなまつり」神卸の神事開催 。

関係者、お客様と共に厳かに執り行われました。

今年はテレビ局、新聞社等 多数の報道関係者にお集まりいただき、

賑やかな開会式となりました。

さあ、これから54日間のひなまつりのはじまり! おもてなしの

準備はOKです!! 皆様、どうぞ 白壁の町並みとおひなさまめぐり

をお楽しみください♪

関係者一同、ご来場を心よりお待ちいたしております。


P1060004r!.jpg

✿ うきは市観光協会 佐々木
* Category : おひなさまめぐり
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-07 (Tue)

皆様、こんにちは。「筑後吉井おひなさまめぐり」 開催まで

いよいよ あと3日となりました。

この「筑後吉井おひなさまめぐり」の魅力は、なんといっても

美しい白壁の町並みを一緒に楽しめること。情緒あふれる町並

みは、福岡県でもいち早く「重要伝統的建造物群保存地区」に

認定されました。

※「筑後吉井伝統的建造物群保存地区 詳細」

70_67_1434_up_DR1HXIK6.jpg

[ 国道210号線 旧豊後街道筋の町並み/(C)うきは市 ]


その昔 江戸時代の筑後吉井は、有馬藩21万石の城下町久留米と

天領日田を結ぶ豊後街道の中央に位置することから宿場町として

栄え、また櫨の実からの木蝋生産. 酒造業等の発生により、吉井銀

と称された特異な金融活動で資力を蓄えた商人の町でその繁栄を

誇りました。一方で、明治の初期までに3回の大火に見舞われた

人々は、土蔵造りなど家構え、家造りに工夫を凝らして火災から

家を守りました。 川や掘割りは当時の人々の生活には大切なもの

で、水に守られた町の人々は今日の緑と清流の景観を残し、国道

210号線 旧豊後街道筋に見事な町並みが現存しているのです。


白壁の町並み筑後吉井(表)r!!!

[ 白壁の町並み 筑後吉井/うきは市教育委員会 ] ※ 拡大画像


おひなさまめぐりご来場の折は、ぜひ 観光会館「土蔵」をお訪ね

になってみてください。町に関する様々な資料が入手可能です。

数ある資料のなか 特に興味深いのが「白壁の町並み 筑後吉井」。

このパンフレットには、大正時代の吉井町市街図と新旧の町並み

写真が並び、昔の町並みに思いを馳せながら散策できるようにな

っています。

いかがでしょうか。 おひなさまめぐりにお越しになる楽しみが

また一つ増えましたら幸いです。本日はこの辺りで...。



資料元 :「白壁土蔵造りの起こり / うきは市 」
✿ 実行委員 尾花

* Category : おひなさまめぐり 準備
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-05 (Sun)

皆様、こんにちは 。本日は「おきあげ」のお話しを少し…。

おきあげr
[ おきあげ / 林家 所蔵 ]

筑後地方では 「箱雛」の側に押絵人形を飾る風習があり、

古くより この人形を「おきあげ」と呼び 親しんできました。

先述の通り、江戸時代の雛人形は大変 高価なものでした。

当然、そう簡単にお人形を買い揃えるわけにもいかず 、

雛の周りに綺麗な「おきあげ」を沢山飾り、華やかさを

添えていました。

絵柄は、お雛様 . 歌舞伎を題材にしたもの. 大名行列 . 動物

など 様々。当初は武家の子女が内職で造っていましたが、

明治に入り雛飾りが大衆化されてからは、一般家庭でも

盛んに造られるようになりました。人形の裏面には細い竹が

ついており、畳や藁苞に刺して飾っていたようです。

「おきあげ」の語源は、一説によると 寝かせていたものを

起こす " おこしあげ " が 訛って " おきあげ " になったとか...。

なんとも面白いですね!

DSC_0103r.jpg
[ 歌舞伎「仙台萩」を連想する おきあげ ]

裏面には昔の新聞が貼ってあり 修復の跡も。当時の女性達が

子孫を想い手作りしていた姿が偲ばれます。

一部展示会場では、「おきあげ」の裏面も見せてくださいます。

ご来場の際は ぜひ気にかけてご覧くださいね♪


※筑後よしい案内人 星野 正利氏 調べ

* Category : おひなさま
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-03 (Fri)

筑後地方のお雛様といえば「箱雛」。本日はそのいわれを...。

享保雛
[ 江戸時代 . 享保雛 /「金子文夫 資料展示館」展示 ]

江戸時代 お雛様は大変高価なもので、公家、武士、庄屋、商人など

裕福なお宅でしか飾れませんでした。

筑後地方の「箱雛」は、この地方の裕福な商人たちが 京都のお雛様を

お土産として箱に入れて持ち帰り、そのまま 大切に飾ったことが始ま

りと言われます。

明治初期の箱雛
[ 大正初期の雛 / 観光会館「土蔵」展示 ]

もともとこの地方には人形を作る技術があったため、その後 盛んに

造られることとなりました。当時は 下級武士の間でも人形造りの

内職が盛んであったとか。

次第に外箱にも装飾が施されるようになり、箱の前に御簾を下げ

御殿を表したり、側に「おきあげ」を飾るようになりました。

この「おきあげ」のお話はまた後日♪


※筑後よしい案内人 星野 正利氏 調べ

* Category : おひなさま
* Comment : (0) * Trackback : (0) |